新日本婦人の会 釧路支部
新婦人は、子育て・教育・くらし・環境・平和など、女性の願いを実現するために活動する国連NGO認証の女性団体です。釧路支部のホームページでは、釧路地方の地域に根差した活動のようすを紹介しています。

新婦人釧路支部『創立60年記念のつどい』開催

73
  • 2022年10月16日(日)10:00〜12:00
  • 釧路市生涯学習センター2階 多目的ホール

2022年10月16日は、新婦人を多くの人に知ってもらいたいと、〜未来に繋ごう!平和の新婦人おおきく〜「新日本婦人の会釧路支部 創立60年記念のつどい」を生涯学習センターで開催しました。

新日本婦人の会は1962年10月19日に結成され、悲惨な戦争体験と戦後の女性運動を経て誕生した女性団体です。

最初は、「私たち婦人は、 誰でもみじめな戦争に子どもや夫をさらしたくないとかたく考えています」という思いから始まりました。

新婦人釧路支部は1ヶ月後の1962年11月19日に結成大会を開いています。

【つどいの主なプログラム】

85
  • ◎写真でたどる60年のあゆみ
  • ◎先輩会員からのお話〜しらかば班
  • ◎絵本朗読「だれのこどもも ころさせない」〜朗読サークル「ぽえむ」
  • ◎小組でいきいき新婦人
    • 子育て小組「ノンタン」
    • トトロ班「着付け小組」「手編み小組」「ソーイング小組」
    • ポプラ班「ちくちく小組」

つどいの様子(いきいき新婦人小組の発表)

61
63
64
63
64
62

レゾリュート・ドラゴン2022やめろ!オスプレイ来るな!釧根集会

14
  • 2022年9月25日(日)13:30〜
  • 釧路市観光国際センター前庭

25日のレゾリュート・ドラゴン2022やめろ!オスプレイ来るな!釧根集会が釧根平和運動フォーラムと米海兵隊移転訓練反対釧根連絡会が参加する、オスプレイ来るな!釧根集会実行委員会の主催で行われました。

釧路市観光国際センター前庭において、 10/1〜14、矢臼別演習場などで陸上自衛隊と米海兵隊の日米共同訓練が行われるのを受けて、抗議行進を行いました。

ロケット砲射撃やヘリの攻撃飛行、オスプレイの輸送訓練…と何でもありの危険な軍事演習となります。

オスプレイは、危険な輸送機です。日本のどこの空も飛んで欲しくはありません。 10月からは、演習の監視行動も行われます。

56
53
52

交流プラザさいわい サークルロビー展に参加!

9月5日から10日まで、釧路市交流プラザさいわいサークルロビー展に参加させていただきました。

ポプラ班ちくちく小組のリフォーム作品、フェルトマスコット、布ぞうり小組、新川柳だより、たんぽぽ班絵手紙小組、ポプラ班絵手紙小組が作品を出品しました。

出品作品


57
58
59
62
61
63
64

8月23日、3つの行動が行われる!
〜国葬反対 釧路駅前宣伝行動・平和の波行動・装甲車 抗議行動〜

安倍元首相の国葬反対 釧路駅前行動

  • 2022年8月23日(火)13:00〜
  • 7班13名(うち男性2名)

参加者が、「国葬反対 税金使うな」などのプラカードを掲げる中、ハンドマイクで5名が、「岸田首相は、功績が素晴らしいと言っているが、そもそも国葬を行う法的根拠が一つもない」「功績というが、安保法制強行、森友、加計問題、桜を見る会、そして、今度の旧統一協会の問題など責任を果たしていない」「弔意を強要しないで」などとうったえ、アピールしました。 自動車での通りすがりに、手で「いいね!」とアピールしていく男性もいました。

56
53
52

核兵器なくそう!平和の波行動

  • 2022年8月23日(火)13:25〜
  • 7班13名(うち男性2名)

釧路原水協が、コロナの感染拡大を理由に平和の波行動を行うことができなかったので、新婦人独自で行いました。 釧路駅前で、新しい新婦人のプラカードなどを掲げてスタンディング行動し、アピールしました。

装甲車の公道走行許さない!抗議行動!

  • 2022年8月23日(火)21:00〜
  • 約30名(新婦人から4名)
  • 釧路市星が浦大通1丁目付近

釧労連中心に約30名が参加(新婦人からは、4名)、コロナを意識して、シュプレヒコールはせず、横断幕やプラカードでアピールする中、自衛隊のジープやトラック、装甲車、戦車が隊列を組んで公道を走行しました。 戦車が通る時は、姿も明かりも見えないうちから何とも言えない地響きのような音が聞こえ、7,8メートルはあるかと思われる主砲がついた1番大きい戦車が通過する時は、あまりの近さに恐怖を覚えました。3車線ある道路だから余裕があって通過できますが、これが矢臼別演習場などに向かう田舎の一本道ならすれ違うのは恐怖だろうなと感じました。 抗議場所で解散し、自宅に戻っても、まだ目的地の釧路駐屯地に到着していなかったらしく、地響きのような地鳴りのような音は聞こえていました。

新日本婦人の会釧路支部 2022年 小組合同作品展 開催!

釧路市生涯学習センター2階市民自由広場にて、恒例の作品展が開催されています。
期間は8/16(火)〜8/21(日)までの6日間です。最終日は午後3時までです。
今年もたくさんの見事な作品が展示されていますので、どうぞ足をお運びください。

出品作品


49

みのり班 パッチワーク・小物  わらび班 パッチワーク

49

布ぞうり小組

49

トトロ班
手編み・ソーイング小組

49

トトロ班
手編み・ソーイング小組

49

トトロ班
手編み・ソーイング小組

49

新婦人コーナー
新婦人支部

49

憩いのプラザ
パッチワーク小組

49

リサーチ班
折り紙小組

49

美原班
新聞ちぎり絵小組

49

若草班
新聞ちぎり絵小組

49

こぶし・たんぽぽ班
新聞ちぎり絵小組

49

みのり班
ステンドグラス

49

新川柳だより

49

すみれ班
川柳

49

すみれ班
川柳

広島の高校生が描いた原爆の絵展 開催される〜新日本婦人の会釧路支部 創立60周年記念

14
  • 2022年8月31日(水)〜9月6日(火)
    (9/5(月)は休館日、9/6(火)は15:00まで)
  • 釧路市中央図書館7階展示ホール
    (釧路市北大通10-2)

1945年8月6日、広島にアメリカによって原爆が投下され、多くの方が亡くなり、深刻な放射能被害で長い期間にわたって、今も被爆者を苦しめています。 高齢化が進む被爆者の記憶に残る光景を後世に伝えるため、広島市立基町高等学校生徒と証言者等が共同で「原爆の絵」を制作しています。 被爆の実相を広く発信するため、「原爆の絵」の複製画の展示を行います。 平和や原爆の悲惨さについて考える機会にしていただければ幸いです。 多くの方々のご来場を心よりお待ちしています。

原水爆禁止国民平和大行進に参加 〜新婦人もおおいにアピール

14
  • 2022年5月10日(火)
  • 鶴ケ岱公園からみずほ銀行前まで

5月10日、2022年原水爆禁止国民平和大行進が行われ、釧労連や新婦人から約30人が参加しました。鶴ヶ岱公園を出発し、旧日銀前、幣舞橋、北大通を通り、みずほ銀行前で流れ解散となりました。 国民平和大行進の横断幕がなくて、先頭の方は新婦人が持参した「核兵器禁止条約に日本政府は参加を」のタペストリーを掲げて行進しました。先頭車からは、「ノーモアヒロシマノーモアナガサキ」「核兵器のない平和で公正な社会を」「参院選で核兵器禁止条約に参加する政府を実現しよう」「ロシアはウクライナからただちに撤退を」などと市民にアピールしました。

憲法のことがわかるリーフ「日本国憲法ってすごい!!」がでました

44

新日本婦人の会からリーフ「日本国憲法ってすごい」が出ました。

新婦人しんぶんの折り込みで配布されています。是非、手に取ってお読みください。

お手元にない方は、お知らせ(支部から)をご覧ください。

サイトは→こちら

5月3日 憲法施行75年釧路集会のお知らせ〜ロシアによるウクライナ侵略反対!憲法改悪反対!〜

今年は、多くの尊い命が犠牲になった太平洋戦争終結から77年目の年です。二度と同じ過ちは繰り返さないと「不戦」を誓った「平和憲法」も5月3日で施行75年を迎えま す。

世界各地で戦争が絶えない中、人命を尊重する日本の平和憲法を評価する声は世界的に広が っています。

しかし、 2月24日、北大西洋条約機構(NATO) の拡大を恐れるロシア・プーチン大統領は、ウクライナ南部のドネツクルガンスク地域でのロシア系 住民への迫害を理由にウクライナへの軍事侵攻を開始し、 多くの都市を破壊するとともに、 罪のない 民間人が戦闘に巻き込まれ虐殺される事態となっています。

この事態に乗じて岸田政権や安倍前首相が「敵基地先制攻撃論」 や 「核の共有」 を唱えるなど軍事力の増強や、 憲法9条への 「自衛隊明記」、「緊急事態条項」の創設など憲法を「改 悪」して日本を「戦争のできる国」にしようとしています。

こうした岸田政権に対抗し 「平和憲法」 を守り抜く取り組みとして 5・3釧路集会実行委員会は「憲法施行75年釧路集会」を開催することとしました。

新型コロナウィルス感染拡大の影響により3年ぶりの開催となりますが、 感染対策に万全を期して実施しますので多くの市民の皆さんのご参加とご協力をお願いいたします。

※新婦人の参加枠は20人ですので、希望される方は事務所に申し込んでください。

憲法施行75年釧路集会開催要項

  • 2022年5月3日(火)10:00〜11:30(9:30開場)
  • 釧路市生涯学習センターまなぼっと(多目的ホール)
  • 1.基調講演(ZOOM 配信)講師 しのだ奈保子さん(弁護士)
    演題 「改憲勢力に対決するには!
    2.戦争難民体験者からの報告 報告者 見田千恵子さん(89歳)
  • 5・3釧路集会実行委員会
    (釧根へ岩運動フォーラム/いのちと暮らしを守る釧路市民会議/釧路9条の会)
  • 100名(新型コロナ感染拡大防止のため人数を制限しています)
  • 500円(当日、会場にて受け付けます)

※新型コロナウィルス感染防止のため以下についてご協力お願いします。

  1. 入場の際は必ずマスク着用し、検温、手・指の消毒をお願いします。
  2. 37.5℃以上の熱のある人は入場をお断りします。
  3. 受付の際には受付表に氏名、連絡先(電話番号)の記入をお願いします。

<事務局連絡先>釧根平和運動フォーラム TEL 090-9527-6870(岩渕)

3・8 国際女性デー 駅前行動 〜「ロシア軍はウクライナからただちに撤退を!」

43
  • 2022年3月8日(火)13:00から
  • JR釧路駅前

3月8日13時から、3・8国際女性デー釧路駅前行動をしました。

「ジェンダーギャップ指数120位の日本で、男女格差の解消をして、ジェンダー平等を」とうったえ、「女性が自立できる賃金を」「女性の権利を国際水準に」「選択的夫婦別姓を早く」 などのプラスターを掲げてアピールしました。

また、ロシアのウクライナへの軍事侵攻に抗議する行動もしました。「だれのこどももころさせない」「戦争やめて」「核兵器ダメ!」などをうったえました。 居ても立っても居られないと、英語のタペストリーを作って参加してくれた方もいました。





3の日緊急行動!〜ロシアのウクライナ侵攻に抗議しました〜

41
  • 2022年3月3日(木)13:00から
  • JR釧路駅前

ロシアのプーチン大統領の蛮行は許せない!でも、1日夜の行動には参加できなかったとの声を受けて、ファックスでよびかけて、3日1時からJR釧路駅前で「ロシアのウクライナ侵攻に抗議します3の日緊急行動」を行いました。

急なよびかけにもかかわらず、9班10人、読者1人、男性5人のあわせて16名が参加。

40

急きょ作成した「ロシアはウクライナへの軍事侵攻をただちにやめよ!」のタペストリーや安保法制反対時に作成した「だれのこどももころさせない」タペストリー、「NO WAR」「戦争反対」「ロシア軍はただちに撤退を」のプラスターなどを掲げてアピールしました。

42

交代でマイクを握り、プーチン大統領の卑劣な行為を批判し、「ウクライナからただちに撤退せよ」とうったえました。トラックの運転手さんが拳を上げてアピールして行ったり、乗用車の運転手と助手席の女性2人が手を振っていくなど、うれしい反応もありました。

新婦人第31回道本部大会開催される!

38

全道88か所で 初のオンライン開催

2022年2月6日(日)、第31回新婦人北海道本部大会が、初のオンラインで開催されました。

事務局長が議案・補充案を提案した後、情勢、運動、組織、若い世代についての各地からのとりくみが報告されました。釧路支部は、コロナ禍、学生応援プロジェクトの取り組みについて発言しました。

議案提案と討論のまとめは、賛成圧倒的多数で採択され、鈴木道知事あての「オミクロン株の対策を」の特別決議が確認されました。

コロナ禍、学生応援プロジェクトにとりくんで〜釧路支部の発言紹介〜

39

他団体とともに定期的にコロナ対策会議を行う中で、アルバイトが減らされるなど金銭的に苦しい学生の手助けになればと、昨年3月に新婦人も参加して「学生応援プロジェクト実行委員会」を立ちあげました。

実行委員会の呼びかけに食料・日用品が事務所に山積みになるほど寄せられ、新婦人では個人や班から30万円を超える募金も集まりました。

4月25日の釧路公立大学の学生を対象にした無料配布会は、あいにくの雨模様でしたが開始時刻には学生が自転車で集まり、終了時間までの2時間ほどで55人が次々と会場を訪れ、ずらりと並んだお米や野菜、レトルト食品、日用品などの品々を選び両手一杯に抱えて帰りました。

「バイトのシフトが減らされたのですごく助かった」「思っていたよりいっぱいもらえてうれしかったです」など喜びと感動の声が寄せられました。平日のシフトが減らされ、日曜日のアルバイトを休むわけにはいかず来場できなかった学生も多くいたようです。

会場でのアンケートでは、入学金・授業料の値下げ、返済不要の給付型奨学金の創設、家賃補助などの支援を望む切実な声が多数ありました。その後、公立大で7・8・9・12月の7回でのべ1155人、北海道教育大学釧路校では、6・7・11月の11回でのべ1960人に無料配布しました。

今後は、物資の支援だけではなく、アンケートで出された要望を、結び付いた学生とともに行政に届ける運動ができればと思います。

新日本婦人の会釧路支部公式ページ更新情報

・2021年10月28日 サイトをリニューアルしました。
・2015年07月31日 サイトを公開しました。

ページトップへ
Copyright (C) FreeTmpl006 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system